七五三 これからも大きく健やかに。家族みんなの想いを込めて。
七五三
七五三とは

七五三は、年齢が三歳、五歳、七歳になった節目の年の11月15日に、その地域の氏神様を参拝し、わが子が無事成長したことに感謝し、今後の健やかな成長を願う行事です。
その中でもともと朝廷や貴族の間で行われていた、三歳に髪を伸ばし始める「髪置き(かみおき)」 、五歳になり初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、七歳に着物の付紐を取り、帯を使い始める「帯解(おびとき)」 の儀式が、江戸時代に、家や裕福な商人の間でも行われるようになり、三つの祝い事をまとめて「七五三」と呼んで庶民の間に広まりました。
現代もその風習が続き、三歳・五歳・七歳という節目をお祝いし成長を喜ぶ行事として日本全国で行われます。



申し訳ありませんが、現在工事中の為、閲覧できません。




br>


フォトギャラリー

割引チケット