挙母神社は別名『子守の宮』と呼ばれるように、子供の成長の守り神として昔より「おこもりさん」と呼ばれ親しまれてきました。
そんな挙母神社でお宮参り(初宮参り)七五三参りや安産祈願をするご家族はとてもたくさんいらっしゃいます。

お宮参りと記念撮影を一緒に

挙母神社は当店から30メートル!
まだ生まれたばかりの赤ちゃんを連れてのお宮参り、お宮参りの時期の写真館での撮影が桜工房ならとても楽ですよ。
お宮参りとスタジオ撮影も好評ですが、挙母神社でのロケーション撮影も承っております
また、毎年当店でお宮参り・七五三撮影されたお客様が撮影後にお着物をレンタルしてお参りに行かれる方が多いので七五三参りをされる方におすすめ!
スタジオとは違った写真が撮影できるのでとても好評なプランです

▶︎桜工房えんじぇるお宮参り撮影
▶︎桜工房エンジェル七五三撮影

挙母神社について

「挙母まつり」が行われる神社としても有名な挙母神社。
江戸時代には「子守大明神」と 呼ばれ、今でも初宮まいりや、七五三まいりなど、我が子の健やかな成長を願う人たちが多く参拝しています。また、交通安全を願う自動車のお祓いに訪れる人も数多くいらっしゃいます。
境内は広くて大きく、古くから厚い信仰を得ていたことがよくわかります。
10月の例祭である挙母まつりになると、神輿殿に美しい神輿が置かれ、拝殿では厳粛な神楽や祈祷、美しい巫女舞が舞われます。神社の創建については諸説あります。 一般的には、1189年源義経の家臣である鈴木重善(善阿弥)が 奥州の義経のもとに向かう途中、義経が死んだと聞いてこの地に留まり、その後大和吉野より「子守明神」を勧請して祀ったと言い伝えられています。

挙母神社の情報

  • 【受付時間】9:00~14:30
  • 【電話番号】0565-32-0718
  • 【住所】〒471-0023 愛知県豊田市挙母町5-1
  • 【最寄駅】名鉄三河線・豊田市駅または愛知環状鉄道・新豊田駅から徒歩約13分。
    東名豊田インターチェンジより車で15分
  • 【公式サイト】https://www.koromojinja.com/

桜工房は挙母神社の目の前!

横断歩道を渡ったら挙母神社!
桜工房は挙母神社のすぐ近く。ロケーション撮影も移動が楽チン。

受付時間や御祈祷料について

赤い鳥居の横にある社務所で御祈祷の受付をします。御朱印も受付時間なら対応してもらえます。(忙しい時期・日によって書置きでの対応となる場合があるようです)

御祈祷料は初宮参りなどは5,000円以上と書かれています。御祈祷料はそのままよりも熨斗袋や封筒等で包んでいただいた方が丁寧です。

受付は9:00〜14:30です。写真左の紙には「祈祷の日時が決まりましたら事前に一度電話でお問い合わせしていただきますようお願いします。」と書かれています

駐車場について

挙母神社の駐車場は一方通行の道を走ります。案内の看板が出ています。

一方通行を走ると入り口があります。入ってすぐが駐車場になります。

国道側からも駐車場に入れるようです。鳥居の横に駐車場の看板がありました。