ピックアップ

七五三7歳用新作着物入荷いたしました

撮影はもちろん、お出かけにも着ていただけます。


基本料金

全て税抜き表示です

  • 衣裳レンタルの延長は、1日につき1,000円です。
  • お参りの日程により、追加料金がかかります。
  • お参り時の衣裳は、衣裳によって追加料金がかかります。
  • 9月30日までに撮影の方にはお参り用のヘア・メイク・着付 ¥0。10月1日以降撮影の方は有料となります。

  • レンタルの延泊は1日1,000円〜になります
  • 足袋・肌着は必ずご用意ください。
  • レンタルは、当日・貸出ともに15:00迄です。
  • ヘアセット、メイク、着付も承ります(料金別途)

ヘアーセットや着付けなど、お支度のみも承っております。
詳しくはご相談くださいませ。

  • レンタルの延泊は1日1,000円〜になります
  • お参り前日の15:00~18:00に衣裳を取りにご来店下さい。返却は翌日の15:00までです。
  • 男女共通で、補正用のタオル2枚と着付用の小物が含まれます。

アルバムコース

全て税抜き表示です

店長たっての希望で実現した本来ならありえない内容・価格でお届けするパックです!

  • ご家族様の衣裳レンタルは、核家族様(両親、兄弟・姉妹)までが対象です。
  • ロケーション撮影は、天候によって出来ない場合があります。
  • お参り当日のロケーション撮影は出来ませんので、予めご了承願います。
  • 七五三対象者2人以上で1冊にまとめられる時は、20ページ39カット+60,000円で承ります。

七五三とは

七五三は、年齢が三歳、五歳、七歳になった節目の年の11月15日に、その地域の氏神様を参拝し、わが子が無事成長したことに感謝し、今後の健やかな成長を願う行事です。
その中でもともと朝廷や貴族の間で行われていた、三歳に髪を伸ばし始める「髪置き(かみおき)」 、五歳になり初めて袴をつける「袴着(はかまぎ)」、七歳に着物の付紐を取り、帯を使い始める「帯解(おびとき)」 の儀式が、江戸時代に、家や裕福な商人の間でも行われるようになり、三つの祝い事をまとめて「七五三」と呼んで庶民の間に広まりました。
現代もその風習が続き、三歳・五歳・七歳という節目をお祝いし成長を喜ぶ行事として日本全国で行われます。

よくある質問

衣装見学には予約が必要ですか?

土日祝日は特にご予約頂くのがおすすめです。

当日でも大丈夫ですので、1度お電話いただけますと幸いです。

前撮りはいつがおすすめですか?

春から初夏にかけて、日焼けする前がおすすめです。

4~8月中の早撮りですと、お得になるプランもございます。

パパやママは何を着ればいいですか?

お洋服の場合はスーツやワンピースなどの礼服が基本です。

また、お持ちの着物がございましたら是非着てください♪

パパ、ママの着物一式Reのパックもございますので、ご家族皆様で着物を着たお写真も残していただけますよ♪

撮影前に歯が抜けてしまいました…

特別料金がかかりますが、綺麗に修正できますので一度後相談ください。

また、お顔の傷等も修正できますので、お写真選びの際にお申し付けください。

パパ・ママ着物レンタルの場合、用意するものはありますか?

必要なものはすべてこちらでご用意致しますので、ご安心ください!

ヘア・メイクはどうやって決めてる?

ご希望のヘアやメイクの載った雑誌などがございましたら、お持ちください!

また、お決まりでない場合も、経験豊富な美容スタッフが相談しながら進めますのでご安心ください

日本髪はできますか?

もちろんさせていただきます!(追加料金2000円)

また、日本髪に必要な髪飾りのレンタルもございますのでご予約の際に一緒にお申し付けください。