着物柄【兜】が多く使われる理由とは?

こんにちは

桜工房えんじぇるです🌸

3月に入り、

急に暖かくなりましたね。

暖かくなるとお宮参りが、

そして春という時期もあり

七五三春撮りなどのご予約も沢山頂きます。

どちらの撮影も主役は着物を着て撮影を行いますので、

前回に引き続きお着物の柄の意味を紹介します📷

今回は【兜】の意味です。

兜と聞いたら、

節句に飾る兜をイメージする方が多いと思います。

節句にも飾り、

更には着物の柄にも使われる兜には

病気や事故などから男児を守り、

困難に勝ち、

丈夫に成長してほしい

という願いが込められています。

また

一家を守るお守りに使われることや、

出世を願う意味もあるそうです。

 

こちらも地域によって意味が異なる場合がございます。

ですので今ご紹介した意味が全てではありませんが、

鷹に次いで人気なのも納得です✨

 

鷹と兜は

着物のメインの柄と言えるほど

背中に大きく装飾されています。

もしお衣装で迷った場合、

お色味などはもちろん大切ですが、

柄の意味着目してみるとまた違った着物に感じるはずです。

ぜひお衣装選びの参考にしてみてくださいね♪

 


🌸桜工房えんじぇる🌸

TEL:0565-41-7753

営業時間:10時~18時

定休日:毎週火曜日/

    月末週火曜日・水曜日